英語×プログラミング

よしすけブログ

英語

【英語】「2020年」って英語で言えますか?【年号の読み方】

更新日:

calendar

こんにちは、よしすけです。

社会人をやりつつ、英語を日々勉強しています。

先日、英語のスピーキングの練習をしていた時に、
西暦表記の年号の読み方がわからなかったので、調べてみました。

本記事の内容

年号の英語での読み方
 基本パターン
 ・西暦1桁・2桁
 ・西暦3桁
 ・西暦4桁(~1999年)
 ・西暦4桁(2000年~)
 特殊パターン
 ・下2桁が00
 ・下3桁が000
 ・2桁目が0
 紀元前の表し方

本記事はこんな方にオススメ

「リスニングで年号が聞き取れない」
「年号の読み方がわからない」
「オリンピックの2020年ってなんて言うの?」

この記事を読めば、
西暦表記の年号の英語を、全て読むことができるようになります。

年号の英語での読み方

年号の読み方は、普通の数字を読むときとは、
読み方が違うことが多いので、注意が必要です。

まずは基本的なパターンを一通り紹介した後、
特殊なパターンを紹介していきます。

基本パターン

まずは基本的なパターンを紹介します。

西暦1桁・2桁

普通に数字を読む時と同じです。

1年:one
25年:twenty-five

西暦3桁

西暦3桁(100~999年)では、上1桁と下2桁で区切って読みます。

123年:one twenty-three
645年:six forty-five

西暦4桁(~1999年)

1000~1999年では、上2桁と下2桁で区切って読みます。

1192年:eleven ninety-two
1972年:nineteen seventy-two

西暦4桁(2000年~)

2000年以降は少しパターンが変わります。

・2000~2009年では、「two thousand…」
・2010年~では「twenty…」
が主に使われているようです。

2001年:two thousand (and) one 
2010年:twenty ten
2020年:twenty twenty

というわけで、2020年は「twenty twenty」ですね。

さて、ここまでが基本パターンです。

特殊パターン

次は特殊なパターンです。

下2桁が00

100、200といったキリのいい数字の時は少し注意です。

100~900年は、数字を読むときと同じです。

100年:(the year) one hundred 
200年:(the year) two hundred 

※ただの数字と区別をするために、(the year)をつけるケース有り。

次に1100年~です。

この場合、100年を一つの単位として読みます。

1100年:eleven hundred
1900年:nineteen hundred
2100年:twenty-one hundred

2100年はまだまだ先ですが、おそらくこのような読み方になります。

今回は、ただの数字とは読み方が違い、年号を表していると分かるので、
(the year)はつけません。

下3桁が000

1000年・2000年のミレニアムイヤーは普通の数字を読むときと同じです。

1000年:(the year) one thousand
2000年:(the year) two thousand

ただの数字と読み方が同じなので、(the year)をつけるケースがあります。

2桁目が0

2桁目に0(ゼロ)が来ると「oh(オゥ)」と読まれることが多いです。

808年:eight oh-eight
1604年:sixteen oh-four

ただし、このルールは、2000年代には適用されません。

2000年代では2桁目の0は読まないのが普通のようです。

2001年:two thousand (and) one 

紀元前の表し方

紀元前でも、数字の読み方は同じです。

ただし、紀元前の場合は、「B.C.」を数字の後につけます。

「B.C.」は「Before Christ(キリスト生誕前)」の略です。

読む時は、アルファベット読みで、「ビースィー」です。

紀元前25年:twenty-five B.C.

紀元前は「B.C.」で表すのに対し、
紀元後は「A.D.」で表します。

「A.D.」は「Anno Domini(ラテン語で西暦紀元)」の略です。

また、「B.C」や「A.D.」といった表現は、キリスト教色が強いため、
紀元前は「B.C.E.」、紀元後は「C.E.」と表記するケースもあるようです。

「B.C.E.」:「Before Common Era」の略
「C.E.」:「Common Era」の略

この辺りは、自分で使うことはあまりないかもしれませんが、
どこかで見たときに、すぐに意味が分かると良いですね。

まとめ

以上、西暦表記の年号の読み方についてまとめました。

今回は、一般的な読み方を書きましたが、人や国によって読み方は違ってくるようです。

「この記事に書いていない読み方が不正解」というわけではないので、注意してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい

-英語
-, , ,

Copyright© よしすけブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.